看護師が失業給付金を受けるまでに必要な手続き

失業給付金を受けるまでに必要な手続き

 

看護師が転職をする際の流れですが、時には一旦退職をしてからゆっくりと仕事を探すということもあるのではないでしょうか。

 

そのような場合、一旦は無職になりますので、金銭的にもちょっと辛くなってしまう可能性があります。

 

そこで役立つのが『失業保険』ですが、給付金を貰うまでのステップがありますので確認してみると良いでしょう。

 

 

失業給付金の手続きはハローワークで

 

看護師の失業給付金の手続きはハローワークで

給付金を受け取るためには手続きが必要になりますが、手続きはハローワークで行うことになります

 

そしてハローワークへ行く際には、雇用保険費保険者証をはじめ、離職票、住民票もしくは運転免許証、預金通帳、証明写真、印鑑などが必要になりますので、前もって用意しておくと安心です。

 

手続きの際には職員による質疑応答があり、離職票を無事に受理されることによって失業を認定してもらうことができます。

 

 

失業給付金はいつもらえるの?

 

看護師の失業給付金はいつもらえるの?

気になるのがいつから給付金が出るのかということですが、すぐに貰える訳ではありません。

 

基本的には7日間の待機と、給付制限の3ヶ月を超えてから支給してもらうことができます。

 

つまり、給付金をあてにしてすぐに看護師を止めてしまうと、経済的に困窮する可能性があります。

 

 

ある程度、貯金には余裕があった方が良いと言えますので、看護師転職をする際にも先走ったりしない方が良いかもしれません。

 

 

また、早く給付をしてもらうためにも、看護師として今の職場を辞めたら早めにハローワークへ行くことが大切です。

 

遅くなると給付も遅れてしまう事になりますので、真っ先に手続きをしておいた方が安心と言えます。

希望の就職先・転職先は見つかりましたか?


希望の就職先・転職先は見つかりましたか?

あなた自身の力で各クリニックのウェブサイト等から転職活動をするには、スキルが必要になってきます。

特に、給与や勤務体系などの交渉における交渉力がないと、やりたいはずの転職先に就職したのに逆に条件がひどくなったなどの場合もあります。


交渉力に不安がある場合は、看護師の転職サービスサイトを利用することをおすすめします。


関係者以外知り得ない内部の人間関係や評判、離職率などがわかったりもするので、とても便利です。