上手に退職意思を伝えて勤務先の病院を円満退職する方法

上手に退職意思を伝えて円満退職する方法

 

看護師が無事に他の病院などへの転職が決まった場合、やはり円満退職をしたいものです。

 

その為にもどのように意思表示をすれば良いのか確認しておく事をおすすめします。

 

 

退職の意思表示は順序良く!!

 

退職の意思表示はまずは看護師長に

まず基本的には直属の上司に退職の意思を伝える必要がありますので、看護師長に話をすることが大切です。

 

いきなり看護部長に行ってしまうと、師長の立場もありませんし、場合によっては看護師長の管理不足を疑われてしまう可能性もありますので、円満退職のためにも順序立てて行動するようにしましょう

 

 

就業規則に則った期間に話をすることがポイント!!

 

看護師の退職は就業規則に則った期間に

退職をしたい場合、例えば1ヶ月前にはその旨を伝えなければならないなどの決まりがあります。

 

 

「どうせ辞めるのだから・・」と急な話になってしまうと、シフトに影響を与えてしまいますし、他の看護師などにも迷惑になってしまうことにもなり兼ねませんので、急な話にならないように注意が必要です。

 

 

ちなみ就業規則を無視して退職をしてしまうと、就業規則違反になってしまい、退職金が減ってしまうこともあるようですので、退職金をしっかりともらうためにも退職の旨を伝えるタイミングには注意した方が良いと言えます。

 

 

給料の安さを理由に退職するのはダメ?!

 

看護師の退職理由は給料の安さはダメ?

退職の旨を伝える際には理由に困ることもあるものですが、引き留められないような理由にした方が良いかもしれません。

 

 

例えば給料に不満があると言ってしまうと、給料アップを持ちかけられ、辞めにくくなってしまいます。

 

 

下手に引き留められる余地を残してしまうのもあまり良くありませんので、辞める理由にも一工夫してみた方が良いでしょう。

希望の就職先・転職先は見つかりましたか?


希望の就職先・転職先は見つかりましたか?

あなた自身の力で各クリニックのウェブサイト等から転職活動をするには、スキルが必要になってきます。

特に、給与や勤務体系などの交渉における交渉力がないと、やりたいはずの転職先に就職したのに逆に条件がひどくなったなどの場合もあります。


交渉力に不安がある場合は、看護師の転職サービスサイトを利用することをおすすめします。


関係者以外知り得ない内部の人間関係や評判、離職率などがわかったりもするので、とても便利です。