資格を持っているだけで有利?!

看護師資格+経験で転職を有利に運ぶ

 

「30歳を越えても看護師ならば公務員になれる!?」

 

看護師資格+経験で転職を有利に運ぶ

「公務員は30歳以下でないと正職員として雇ってもらえない」

 

などというイメージを持っている人も多いでしょう。

 

まあ確かに、事務職公務員ならば、30歳以下の年齢でないと募集がされていなかったりしますね。

 

 

しかし専門職となりますと、30歳を越えても募集がありますから。

 

そして看護師にしてもそうなのです。

 

看護師の場合は60歳を越えていなければ、公務員になれたりもしますからね。

 

まあ、自治体運営の病院に採用されれば、身分は「公務員」なのですけれど。

 

 

そして看護師の求人の場合は、60歳(時々65歳)以下での募集がありますからね。

 

ですからざっくりと言えば、看護師は60歳以下ならば公務員になれるチャンスがあるのですよね。

 

このご時世において、これは非常に恵まれていることだと思います。

 

看護師はいくつになってもなれるぞ!

 

私の経験談ですが、看護師さんにはいくつになってもなれますよ。

 

たとえ一度、看護とは全然関係のない大学を卒業していても、看護師になれますよ。

 

ただし、看護学校を卒業しなくてはなりませんけれど。

 

 

しかし逆に言えば、看護学校を卒業して試験に受かってしまえば、看護師には何歳からでだってなれるのです。

 

それに今の看護学校は、なにも若い人たちだけが通っているわけではありませんからね。

 

 

一度就職はしたけれど、思うところあって看護師を目指す人だって来ているのです。

 

女性だけではなく男性も。

 

 

ですから「やっぱり看護師免許取っておきたい!」と思うのならば、看護学校に入ってみてもいいでしょう。

 

授業自体はそれほど難しくもないですし。

 

希望の就職先・転職先は見つかりましたか?


希望の就職先・転職先は見つかりましたか?

あなた自身の力で各クリニックのウェブサイト等から転職活動をするには、スキルが必要になってきます。

特に、給与や勤務体系などの交渉における交渉力がないと、やりたいはずの転職先に就職したのに逆に条件がひどくなったなどの場合もあります。


交渉力に不安がある場合は、看護師の転職サービスサイトを利用することをおすすめします。


関係者以外知り得ない内部の人間関係や評判、離職率などがわかったりもするので、とても便利です。